各種証明書の郵送による請求


ページ番号1002803  更新日 令和1年9月26日


 開庁日の午前9時から午後5時30分の間に来庁できない方は、郵送で下記の証明書を請求することができます。請求書は、下記関連情報の戸籍・住民票(申請書)から印刷できます。印刷できない場合は、必要事項を便箋等に記入してご請求ください。(開庁日は本庁が月曜日から金曜日、各サービスセンターが月曜日から土曜日。祝日を除く。)
 令和元年10月1日から消費税が10%に上がることに伴い、10月1日から郵便料金が改定されます。各種証明書を郵便で請求する際、申請用紙等を投函してからお手元に証明書が届くまでに、1週間以上かかる場合があります。10月1日以降は下記の新料金になりますのでご注意ください。

種類と重量 令和元年9月30日まで 令和元年10月1日から
定型郵便物25グラムまで 82円 84円
定型郵便物50グラムまで 92円 94円
速達料金250グラムまで 280円 290円

 (注意)改定後の料金については、下記関連情報の日本郵便をご参照ください。

                

郵送により請求できる主な証明書

(注意)詳細については、下記関連情報の戸籍・住民票(申請書)をご参照ください。

送付先

郵便番号660-8501(尼崎市役所専用の郵便番号のため、住所の記入は不要です)
                    尼崎市役所 市民サービス部 市民課

同封するもの

  (注意)本人等以外(法人など)からの請求については、市民課までお問い合わせください。

特別郵便サービスの実施について

平成17年6月1日から、尼崎市では市内のすべての郵便局(尼崎郵便局、尼崎北郵便局、特定郵便局の計57局)の窓口に、住民票の写しなどの請求書および送付用・返信用の封筒を置き、尼崎市内に住所または本籍地がある方が簡単に郵送で請求できるようになりました。

窓口に置いてある請求書に必要事項を記入し、印鑑を押して、備え付けの封筒(送付用と返信用)に切手を貼って、手数料として郵便局で定額小為替証書を購入し、郵便局の窓口にご提出ください。

市は、請求書が着き次第、請求された証明書等を作成して同封された返信用封筒で送付します。

なお、午前10時までに郵便局の窓口で請求された場合、翌開庁日から翌々開庁日にはお受け取りになれます。


関連情報


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Amagasaki City, All Rights Reserved.